2010年08月11日

目標管理という手法もある (1)

●目標管理の手順

目標管理は次のような流れで進める。

(1)職務環境の分析

(2)目標設定(上司との話し合い)

(3)アクションとその進捗管理

(4)目標達成度の評価

このサイクルを、1年間でまわしていくという組織がほとんどだ。

目標を立てる際、最も大切なことは、取り組むべきテーマを特定することである。
つまり、自分の組織や自分にとって、どのようなことを達成すべきなのか、それを特定するのが大切なのだ。

しかし、かなりの人は、テーマ設定というプロセスには時間をかけない。
そして、目標管理シートの大部分を完成させてから上司に提出する。

上司は、その内容を見て、テーマそのものが自分の期待しているものと違うことを発見する。
しかし、シートそのものは見かけ上は完璧である。
こうなると、上司もテーマを修正して欲しいとは言いにくい。
なぜならテーマを修正するということは、そのテーマにたいする達成手段やスケジュールを見直さなければならないからだ。
その作業量や心理的負担を考えると、気の弱い上司だと修正の指示が出せない。

目標管理シートを作成した自分も、修正することの大変さをイヤというほど、分かっているので、いろいろな理由を見つけては、このテーマがいたに大切かということを上司に切々と訴える。




■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.ne
posted by ホーライ at 12:46
"目標管理という手法もある (1)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。